プリウスα サスペンション,
s15シルビア 車高調 TEIN,

180系クラウンアスリート後期 純正ショック 手数料安い

180系クラウンアスリート後期 純正ショック
180系クラウンアスリート後期から取り外しました。 純正ショックアブソーバーになります。 走行5000キロぐらいで取り外し、ずっと倉庫で保管してましたので、状態は綺麗です。画像で確認おねがいします。 こちら物が大きいので着払いになります。 対応車種メーカー···トヨタ サスペンションタイプ···固定式 用品の種類···ショックアブソーバー
昭和のデザインで復刻した「アデリアレトロ」。左が「台付きグラス」で、右手前がお菓子などを入れる「ボンボン入れ」。写真中央の白い花のタイプ(デザイン名「野ばな」)の台付きグラスが最も人気があるという=石塚硝子提供
昭和のデザインで復刻した「アデリアレトロ」。左が「台付きグラス」で、右手前がお菓子などを入れる「ボンボン入れ」。写真中央の白い花のタイプ(デザイン名「野ばな」)の台付きグラスが最も人気があるという=石塚硝子提供

 創業200年余の老舗メーカーが1970年代に流行したレトロ柄のプリントグラスを復刻販売したところ異例の売れ行きを記録している。外部からのコラボレーションの依頼は100件を超える人気ぶり。大ヒットの裏には、「売れるはずがない」と懐疑的だった上司にGOサインを出させた若手女性社員のこだわりがあった。それは、「昭和のいびつさ」をあえて残すことだった。【増田博樹】

インスタに50年前の製品写真がずらずら

 当時、日本の多くの家庭にあったプリントグラス。昭和世代なら、カラフルな花のイラストなどが描かれたガラス製のコップを記憶している人も多いだろう。

 製造元は、ガラス食器メーカー「石塚硝子(がらす)」(愛知県岩倉市)。「アデリア」ブランドで70年代(昭和45~54年)を中心に販売し、かわいらしいポップなデザインで親しまれ、さまざまなタイプのグラスやデザート皿、お菓子入れなどが昭和の食卓を飾った。

 しかし、はやり廃りはつきもの。時代は次第に落ち着いたデザインの食器を求めるようになり、昭和50年代後半には姿を消していく。

 半世紀近くたった2018(平成30)年春、当時を知らない20代の女性社員3人が復刻のきっかけをつくる。マーケティングの一環として、インスタグラムで「#アデリア」と検索してみたところ、昔のグラスの投稿が大量に見つかったのだ。

 アデリアは今も現役の同社のガラス食器ブランドだが、検索でヒットした約3000の投稿のうち7割は大昔に販売を終了したレトロ柄のグラスだった。

 その社員の一人、杉本光さん(同社ハウスウェアカンパニー市販部企画グループデザイナー)がこの時のことを振り返る。

 「50年前の製品なのに今もこんなにたくさんの人に支持されていることにとても驚きました。昭和レトロで大変かわいらしく、『これは売れる!』と思いました」

 杉本さんたちは復刻を会社に提案する。しかし、上層部の50~60代の男性にとってはレトログラスは過去の商品。「昭和の古くさいデザインの商品が売れるはずがない」と却下されてしまう。

 しかし、3人はあきらめない。手分けして何軒もビンテージショップを訪ねては「ぜひ復刻してほしい」といった声を聞き取り、ニーズがあることを示す材料を集めた。販売先になってくれそうな取引先にも相談し、インスタグラムの検索結果をデータ化して示すなどして再挑戦する。

 その後、何度か却下されたものの、ようやくテスト販売にGOサインが出た。とはいえ、杉本さんは強い手応えを感じていたわけではなかった。

 「昭和レトロの製品が売れるのかどうかについては、(会社は)最後まで懐疑的だったのかなと思います。『ここまで調べて一生懸命やっているのだからやってみたら』という感じでした」

 同年11月、雑貨チェーンのオンラインショップなどを通じたテスト販売を始めた。すると、1500セットが完売。19(令和元)年10月からの本格販売につながった。シリーズ名は「アデリアレトロ」だ。

昭和のデザインを忠実に再現

 本格販売は決まったものの、デザインを追加するのには苦労した。社内に当時のデザイン画や商品がほとんど残っていなかったのだ。杉本さんらはビンテージショップを訪ねて当時の商品を購入したり、収集しているファンからグラスを借りたりと奔走する。

 トレーシングペーパーをグラスに当ててなぞるなどしながら、デザインを改めて描き起こした。気をつけたのは…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

学生及び既卒生を対象にした就職に関する情報を提供しています。

  1. ホーム
  2. サスペンション
  3. 180系クラウンアスリート後期 純正ショック