オーバーフェンダー JB23W,
ジムニー 突撃バンパー 猪狩り Aバンパー sj30 ja11 ja71,

ポルシェ911 空冷 930型 ウィンカー/ディマー スイッチ 純正 中古品 人気の

ポルシェ911 空冷 930型 ウィンカー/ディマー スイッチ 純正 中古品
ご高覧いただきありがとうございます 1989年式ポルシェ911 空冷 930型 ウィンカー/ディマー スイッチの中古部品になります 部品番号:911 613 305 01 写真を見ていただくとご理解いただけると思いますが、 この部品の定番故障の電極癒着はありません 米国ペリカンパーツ(https://www.pelicanparts.com/)でのパーツ価格は約4万円超となり、海外配送料がかかるのでかなりの高額になってしまいます No complaint、No return でお願いいたします カラー:ブラック パーツの種類:電装系パーツ 対応車種メーカー:ポルシェ空冷911 海外発送は送料別途ですが、日本国内は送料負担いたします
ロータリーを走る1963年製のレトロバス「MR430」=北海道旭川市で2022年10月21日、土屋信明撮影
ロータリーを走る1963年製のレトロバス「MR430」=北海道旭川市で2022年10月21日、土屋信明撮影

 前タイヤが2軸4本の旭川電気軌道のレトロバス「MR430」(1963年製)が21日、ツアー客を乗せて44年ぶりに北海道旭川市内を走った。東川町の自動車整備工場で眠っていた車体を、同社が昨年6月から部品などを集めて復元した。

 「MR430」は約60年前に、三菱ふそうが全国で14台製造。動く車両はこの1台しか残っていない。全長約12メートルで、カタログ表記では最大110人乗ることができる。1978年に現役を引退し、バス愛好家に引き取られ屋内で保管されていた。

1963年製のレトロバス「MR430」のエンジン=北海道旭川市で2022年10月19日、土屋信明撮影
1963年製のレトロバス「MR430」のエンジン=北海道旭川市で2022年10月19日、土屋信明撮影

 昨年6月に同社に引き取りの申し入れがあり、創立100年記念事業として復元を決めた。ボディーはさびてボロボロだったため手作りで復元し、約3000本のリベットも打ち直した。エンジンとトランスミッションは代替部品がなく、最終的に車体の約9割を作り直した。復元には延べ8000時間、約2800万円かかったという。

 21日にお披露目を行い、同社の河西利記社長は「復元に多くの方の協力をいただいた。地域の活性化のためにこのバスを活用したい」と述べた。その後、バスはかつて路線バスとして運行していた同市末広東-旭川駅間約6キロを、東京などから応募したツアー客約30人を乗せて走った。同社はバスを共栄バスセンター(同市東旭川町)で展示するほか、ツアー客を乗せて臨時運行する予定。【土屋信明】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

学生及び既卒生を対象にした就職に関する情報を提供しています。

  1. ホーム
  2. 外国自動車用パーツ
  3. スイッチ 純正 中古品 ポルシェ911 空冷 930型 ウィンカー/ディマー