JZX100 超希少ボンネットスポイラー,
トヨタ ソアラ グリル エンブレム,

ニスモ チタンシフトノブ 焼き入り 【本日特価】

ニスモ チタンシフトノブ 焼き入り
ご覧いただきありがとうございます。 ニスモGTチタンシフトノブになります。 bnr32にて使用しておりました。 シフトパターンのシールも残っております。 ご不明な点がございましたらお気軽にコメントください
公正取引委員会の看板。公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟で=東京都千代田区霞が関で2019年、本橋和夫撮影 拡大
公正取引委員会の看板。公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟で=東京都千代田区霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 高知県が災害対策目的で発注する地質調査業務の入札で談合した疑いが強まったとして、公正取引委員会は25日、同県内の地質調査業や建設コンサルタント業の十数社に対して独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査を行った。

 関係者によると、立ち入り先は、いずれも高知市の相愛▽木本工業▽興和技建▽四国トライ▽地研▽ジオテクなど。遅くとも10年以上前から、指名競争入札で事前に業者間で打ち合わせをするなどし、落札予定業者を決めていた疑いが持たれている。県内の土木事務所のエリアごとに決められた幹事社が連絡調整役を務めていたという。

 談合は、県道脇ののり面などの地滑りやがけ崩れを防ぐため、地面に穴を掘って地質の状況を調べるボーリング調査をしたり、地質を解析したりする業務で行われていたとみられる。同県の同業務の発注規模は年間10億円弱。県があらかじめ落札可能な最高価格として設ける「予定価格」に近い額での落札が続いていたことなど、談合をうかがわせる事情があるという。

 同県では国や県発注の土木工事で国土交通省四国地方整備局の職員が入札情報を業者側に漏らすという官製談合が2011年に発覚。公取委が、関与した県内37社に対して総額約17億5500万円の課徴金納付命令を出している。【柿崎誠】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

学生及び既卒生を対象にした就職に関する情報を提供しています。

  1. ホーム
  2. 内装品、シート
  3. ニスモ チタンシフトノブ 焼き入り