フォレスター SJ STI コイルスプリング バネ A~D型NA/CVT車用,
タニグチショックアブソーバー,

コスワース製 カムシャフト ハイカム 新入荷

コスワース製 カムシャフト ハイカム
NCEC用 コスワース製の ハイカムです IN側  作用角:264°  リフト量:9.9mm OUT側  作用角:244°  リフト量:8.36mm 取り外しまで問題なく使用していました。 中古品であることをご理解ください。 装着後のエンジントラブル等には当方は責任を負いません。 #ncec#ncロードスター#ロードスター#ハイカム
大山山頂付近に朝日が昇る瞬間を大勢の人が待ち構えた=鳥取県米子市久米町の米子城跡で2022年10月22日午前6時44分、山田泰正撮影
大山山頂付近に朝日が昇る瞬間を大勢の人が待ち構えた=鳥取県米子市久米町の米子城跡で2022年10月22日午前6時44分、山田泰正撮影

 中国地方の最高峰「大山」(鳥取県大山町、1729メートル)の山頂に朝日が重なって見える「ダイヤモンド大山」の観望会が22日、鳥取県米子市久米町の米子城跡で開かれた。「絶景の城」として注目される米子城跡(国史跡)を観光資源として見直そうと、市が主催。県外からの観光客も含め、約1000人が城跡からのパノラマを楽しんだ。

 大山と米子市街は約20キロ離れており、米子城跡からのダイヤモンド大山は2月と10月のそれぞれ数日間のみ、気象条件の良い日だけ楽しめる。午前5時すぎから、懐中電灯を手にした参加者が続々と集まり、標高約90メートルの天守跡の広場へ。天候はあいにくの薄曇りで、日の出ははっきりとは確認できなかったが、午前6時40分ごろ、稜線(りょうせん)がオレンジ色に染まり出し、城下の市街地は一気に明るさを増した。

 米子城武者隊の隊員たちも甲冑(かっちゅう)に太刀を身につけて集合。旧米子藩のお家騒動を素材にした演舞を披露し、観客から盛んな拍手を浴びていた。

 米子市文化観光局の深田龍局長は「予想を超える参加者があり、関心の高まりを感じている。ダイヤモンド大山をきっかけに、今後も多くの方に米子城に親しんでもらえたら。市としては周辺整備を進めていきたい」と話した。【山田泰正】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

学生及び既卒生を対象にした就職に関する情報を提供しています。

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. コスワース製 カムシャフト ハイカム